東京の仲介不動産店「メジャーハウジング株式会社」です。
地域の情報を日々綴っていきますので、
お部屋探しの参考として、散策日記として、
タウン情報としてお楽しみ下さい。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【町屋・浜作】下町のもんじゃ焼きを楽しもう!
もんじゃ焼きと言えば東京下町料理の代名詞といっても過言でないくらい有名ですよね。中央区の月島や、台東区の浅草などではオシャレな店構えで凝ったメニューを出すお店が数多く点在しますが、さらにディープな下町でもんじゃ焼きを楽しむのもいいかもしれません。町屋駅といえば観光や散策などではなかなか行く機会はないかもしれませんが、再開発と昔ながらの街並みが融合した雰囲気のいい下町。もんじゃ屋さんも数多くあり、なかでも京成線町屋駅の高架下にある「浜作」さんは昭和42年創業の老舗です。線路の下のお店がなかなかいい雰囲気をかもし出しております。もんじゃ焼きの他にもお好み焼きや鉄板焼き、一品料理などレパートリーは100種類以上だとか。ちなみにもんじゃ焼きの発祥の地というのは諸説あり、浅草発祥説が根強いのですが、群馬県で特産品のうどんを作った際のあまりの粉を使って作ったという説もあるそうですよ。

実は昨日、浜作さんに行こうと思って町屋まで行ったのですが、なんとお店がありませんでした。この写真は9月ごろ撮影したものなのですが、京成線のガード下も再開発のエリアとなっており、昔からあったお店が軒並みなくなっておりました・・・。ちなみに浜作さんの新しいお店は赤札堂の正面あたりで営業中です。(2006/11/29更新)


荒川区の情報をもっと!町屋の賃貸
| 荒川区 | 17:45 | comments(0) | trackbacks(3) |
【町屋・ぬりえ美術館】なつかしさを感じるステキな空間
きいちのぬりえ”といえば昭和20〜30年代にかけて女の子たちの間で大いにひろまった遊びの一つですよね。ほんわかとした絵柄、かわいらしい洋服や着物、季節ごとの話題なんかに、子ども時代の憧れをなつかしく思い出すという方も多いのではないでしょうか。町屋駅から徒歩15分ほどの場所に“きいちのぬりえ”を中心に展示する「ぬりえ美術館」があるんです。“きいちのぬりえ”をはじめ、戦前・1930年代のものや海外のぬりえなどが常設展と企画展で構成されていて、月替わりのぬりえが展示されているエントランスでは、オリジナル商品の販売も行っています。さらにぬりえ美術館のホームページによると、日本のぬりえ文化を世界にも広めようということで、ぬりえ美術館所蔵のきいち作品・約200点が現在ニューヨークの各地で公開されているとのこと。昔の憧れが世界に出て行くって、なんだか不思議な感じがしますよね。ちなみにこちらの美術館、原則として土曜と日曜・祝祭日のみ開館ですのでご注意くださいね。


荒川区の情報をもっと!町屋の賃貸
| 荒川区 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(1) |
【町屋・どじょっこ】どじょう・なまず・くじら料理
町屋駅から徒歩3分ほど、尾竹橋通りから少し住宅街に入ったところにある「どじょっこ」は、どじょう・なまず・くじら料理の専門店です。看板に“どぜう”と表記されているのが下町らしくていいですよね。ドジョウやナマズは健康食品として古くから食され、体力の回復や風邪の予防、美肌、血液浄化、2日酔いなどにも効果があるといわれています。素材を生かした各種料理は季節ごとに変更するものもあるので、ホームページはかなりこまめに更新されている様子。旬の食材の入荷状況もチェックできますよ。また活きているどじょうや鯉など、“できる限り何でも店頭販売”してくれるということで、「地震対策に観賞用に天然なまずの販売も致します」と書いてあるのもなんともユニークですね。


町屋「どじょっこ」のホームページ

荒川区の情報をもっと!町屋の賃貸
| 荒川区 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
【南千住・砂場】お蕎麦屋さんの老舗系列の一つです。
おそば一つをとっても歴史を紐解けばかなりおもしろいもので。「砂場」とは「更科」、「」と並ぶ蕎麦屋の老舗3系列の一つです。もともとは大坂城築城の際の資材置き場だった場所に麺店ができ、お店があった地名から「砂場」という屋号ができたのではないかとされています。江戸の文献にこの「砂場」が登場したのがいまから250年前くらいとのことだそうです。さてさて、話が長くなりましたが今回ご紹介の「南千住砂場」は今では都内に二つしかない江戸時代にすでに存在していた「砂場」の一つ。三ノ輪駅から続く商店街“ジョイフル三ノ輪”の中にあります。現在の建物は1954年に建築され、荒川区の文化財にも指定されています。当時の雰囲気をそのままにした威風堂々の建物の中で、江戸時代から続く老舗の味を味わってみてはいかがでしょうか。「もりそば」は630円です。ちなみにお蕎麦屋さんの定番商品「天ざる」は「砂場」の系列のお店が開発されたものと伝えられているそうですよ。


荒川区の情報をもっと!三ノ輪の賃貸
| 荒川区 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
【馬賊】日暮里の中国手打拉麺
日暮里駅前、いつもガラス越しに手打ち麺の妙技を見せてくれているラーメン屋さん馬賊(ばぞく)に行ってまいりました。それにしてもこの麺打ちの技術はホントに見事。みょーんと延ばして、くるっとまとめて、バンバンたたいて、粉をふって。見ていて飽きないのですがお腹も空いているのでさっそく店内に入ります。


外から見ているとあまり気にならなかったのですが、厨房からはバシバシという麺を打つ豪快な音が聞こえてきます。コチラのお店は坦々麺が有名らしいのですが、以前から知人に勧められていたジャージャ麺を注文。待つこと3分ほど。出てきてビックリ、麺にかかっている味噌がかなり黒いです。しかしながら濃厚味噌味が手打ちの太いもちもち麺に驚くほどあうんです。付け合せのキュウリの千切りも箸休めにピッタリですね。最近、各地のラーメン屋さんで太麺が流行っているようですが、どのお店とも違うもちもち感がたまりません。一度お試しあれ。


馬賊(ばぞく)
東京都荒川区西日暮里2-18-2 Tel:03-3805-2430

荒川区の情報をもっと!日暮里の賃貸
| 荒川区 | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
【荒川自然公園】これからの時期、お散歩にいいですね。
まだまだ暑い日はありますが、少しずつ暑さが和らいできてると思いませんか? 緑の中をお散歩するのにいい季節になってくるのではないでしょうか。町屋駅から徒歩7〜8分(都電荒川線の荒川二丁目駅からは徒歩1分)くらいの場所に位置する“荒川自然公園”は区立公園のなかでは最も大きい緑いっぱいの公園です。「自然公園」と名前が付いていますが下水処理場上の人工地盤に造られているのが変わっていますよね。人工の土地に作られたといっても美しい緑の中を歩くのは気持ちがいいもので。公園中央には荒川区をかたちどった大きな白鳥池もあるんですよ。その他、56,000平方メートルを超える敷地には野球場やテニスコート、アスレチックコーナー、児童遊園なども併設されています。荒川区って、こんなゆったりとしたアットホームな施設、とっても多いですよね。


荒川区の情報をもっと!町屋の賃貸
| 荒川区 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
【諏方神社の大祭】下町の夏の終わり、賑わいました。
西日暮里駅近くの高台に位置する諏方神社。日暮里・谷中の総鎮守は、創建1205年という歴史ある神社なんです。「諏訪」ではなくて「諏方」と表すのは、中世から近世にかけての表記によるものなんだとか。高台の崖のような場所だけあって、駅側には電車がよく見え、谷中側には「富士見坂」もあって、今でも微かに富士山が見えるんだとか。そんな諏方神社、週末8月26日・27日は例大祭が行われ、神社から諏訪台通りにかけてたくさんの露店が出て、大変賑わいました。定番の露店もたくさんありますが、下町のお祭りらしく「射的」「かたぬき」「数字当て」など、今では“こち亀”の中でしかお目にかかれないようなちょっと珍しい露店が楽しそうでしたね。舞台では奉納演芸大会として漫談やコメディー、歌謡、江戸祭り太鼓などの演目が貼り出されておりました。26日には寅さんのものまねでおなじみの原一平さんもいらっしゃったみたいですよ。


<おまけ>
帰りに日暮里駅方面に出たら、ちょうどお神輿が通るところでした。勇壮な担ぎ手たちに囲まれたお神輿が次から次へと通るのを眺めるのはなかなか迫力あるものですね。再開発が進む日暮里駅。風景は変っても、変らずに根付いた人の心は廃れる事はなさそうです。


荒川区の情報をもっと!西日暮里の賃貸
| 荒川区 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
隅田川に架かる橋 その10【水神大橋】
隅田川の上流部、川が左へ大きく曲がっていく辺り、荒川区南千住と墨田区堤通をつなぐ水神大橋は昭和63年に完成した隅田川では2番目に新しい橋なんです。(ちなみに一番新しいのは中央大橋です。)荒川区側の汐入地区は再開発によるマンション群とその開発に連動するように完成したテラスには芝生や花が植えられてとってもキレイです。休日になると、お散歩やサイクリングを楽しむご夫婦や、レジャーシートを広げてのんびりしているご家族連れ、ダンボールにお尻に敷いて土手を滑って遊ぶこども達なども見られ平和な雰囲気に包まれています。ただ川の向こうに目を移すと全く違う光景が広がります。上に首都高が走る墨田区側にはブルーシートの家がズラーっと並び人の姿も見られません。同じ空間にいるのに橋のむこうとこちらでは雰囲気も温度差も全く違うようなこのアンバランスさは不思議な感じです。そんな世界をつないでいる水神大橋の由来は、その墨田区側にある隅田川の総鎮守・隅田川神社から来ているようで、以前は水神社とも水神宮とも呼ばれていたそうです。また近くには「水神の渡し」が昭和初期まで営業されていました。
水神大橋
荒川区の情報をもっと!南千住駅周辺の賃貸
| 荒川区 | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
いいネーミングですね【夕焼けだんだん】
夕焼けだんだん」…JR「日暮里」駅からこのブログでも何度か登場する「谷中ぎんざ商店街」へと向かう途中にある階段です。特に大きいとか急だとか段数が多いとか言うわけではありませんが、西に向かって下る階段は夕焼けに染まる「谷中ぎんざ」を見下ろせ、なぜか集まっている猫ちゃん達のほのぼのムードとあいまって、懐かしい古きよき昭和の世界が広がります。そんなやさしい雰囲気をあらわした「夕焼けだんだん」は地域雑誌「谷中・根津・千駄木」(通称谷・根・千)を編集する「森まゆみ」さんがネーミングされました。1984年に創刊されたこの地域雑誌は年4回発行されて、もう82号を数えます。著書『谷中スケッチブック』(ちくま文庫)でもこの界隈のことが詳しく紹介されています。谷中って奥が深いんですね。最近ではタウン誌などの下町特集で紹介されて、カメラ片手に歩いている方をよく見かけます。階段横にいる猫ちゃんなんかは格好のターゲットになっています。開発も進んできて「夕焼けだんだん」から遠くに見えるマンション群は不忍通り沿いに建つものです。ここから見える風景も街の様子も変わってしまう前にカメラに収めておくのもいいですね。
夕焼けだんだん.jpg
荒川区の情報をもっと!谷根千の賃貸
| 荒川区 | 16:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
オバちゃんもおねえちゃんも集まる【日暮里繊維街】
開発が進む「日暮里」駅を横目に東口ロータリーを右斜め方向に進んでいくと「日暮里繊維街」が続きます。60店以上からなるこの問屋街は布はもちろん、ボタンやビーズ、毛皮、糸などなど服飾関係の品物も多く販売しています。問屋街といっても小売販売をしていますので、店内には若い女の子から年配のオバちゃんまで、幅広い年齢層の方々がお目当ての品物を探しています。もちろん値段も安くあっちこっちで「オール1m105円」とか「超激安」「大特価」なんていう文字が踊ってます。渋谷原宿系のカジュアルな服が50%〜90%OFFと既製品なんかも激安で販売しているお店もあって女性でいっぱいです。(男性用の服を揃えているお店もありますよ。)ベビーキッズの衣料品もありましたので、すぐ大きくなってしまう赤ちゃんやお子さんをお持ちの方にとってはすごく助かるんではではないでしょうか。また、こういったファッションを「ニポカジ」(発音しづらい)といわれ「日暮里カジュアル」は第二の渋谷・原宿になろうとしています。11月28日(月)から12月3日(土)まで「日暮里繊維街」では大売出しセールが行われますので、この機会に一度行ってみてはいかがでしょうか?
日暮里繊維街
荒川区の情報をもっと!日暮里駅の賃貸
| 荒川区 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3 | >>
お部屋探しはコチラ
東京のお部屋探しはコチラから
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
LINKS
特選ピックアップエリア

■谷根千の賃貸
■文京区の賃貸

山手線の特選賃貸エリア

■高田馬場
■目白
■池袋
■大塚
■巣鴨
■駒込
■田端
■西日暮里
■日暮里

中央・総武線の特選賃貸エリア

■中野
■高円寺
■阿佐ヶ谷
■荻窪
■錦糸町

埼京線の特選賃貸エリア

■板橋
■十条
■赤羽

東西線の特選賃貸エリア

■早稲田
■神楽坂
■門前仲町

有楽町線の特選賃貸エリア

■月島
■護国寺
■要町

丸の内線の特選賃貸エリア

■茗荷谷
■後楽園
■本郷三丁目

日比谷線の特選賃貸エリア

■入谷
■三ノ輪

銀座線の特選賃貸エリア

■浅草

千代田線の特選賃貸エリア

■北千住
■町屋
■千駄木
■根津

三田線の特選賃貸エリア

■春日
■白山
■千石

南北線の特選賃貸エリア

■本駒込

西武池袋線の特選賃貸エリア

■椎名町
■江古田
■練馬
■石神井公園

東武東上線の特選賃貸エリア

■大山
■ときわ台
■成増

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
PROFILE
SEARCH

▲ PAGE TOP