東京の仲介不動産店「メジャーハウジング株式会社」です。
地域の情報を日々綴っていきますので、
お部屋探しの参考として、散策日記として、
タウン情報としてお楽しみ下さい。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【東京都下水道局落合処理場】落合中央公園とせせらぎの里
西武新宿線・下落合駅から歩いてすぐ、山手線・高田馬場駅からでも徒歩15分くらいの場所に立地するのが落合中央公園。この公園は東京都下水道局の落合下水処理場の上部を利用している大きな公園です。水道関係の施設は広い敷地が必要なため、このように上部を公園として開放するケースが多いですね。落合中央公園はナイター設備もある野球場やテニスコートなどがあり、新宿区にお住まいの方を中心に多くの方に利用されています。また、施設の北側部分は“処理場”としてのイメージを一新するべく「せせらぎの里」と名づけられた緑いっぱいの日本庭園風の公園となっています。園内には小川が流れ、小さなお子さんが水遊びをしていたり、芝生でお弁当を広げているカップルがいらっしゃったり。こちらはそんなに大きな敷地ではありませんが、他にも遊具のある広場があったり、地域の方が管理しているような花壇があったり、とてものんびりとした雰囲気のキレイな公園でした。


新宿区の情報をもっと!新宿区で賃貸検索
| 新宿区 | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
【神田川の小滝橋】いろいろな昔話が伝わっています。
高田馬場駅から早稲田通りを西方面に歩いていきますと神田川が見えてきますが、ここに架かる橋が“小滝橋”です(“おたきばし”と読みます)。かつてこの橋の下に小さな堰があり、そこを流れる水が小さな滝を作っていたことからこのように名づけられたそうです。小滝橋の手前にある交差点、「スーパーいなげや」の前に小滝橋に関する様々な情報が刻まれた碑がありました。そこにある昔話によると・・・。『昔々、吉祥寺にある油屋の小僧さんが井の頭池のほとりで草を刈っていると、小さな蛇が出て来て邪魔をするため、小僧はこの蛇を鎌で殺してしまいました。実はこの蛇、井の頭池に棲む大蛇が小僧をからかう為に化けたもの。井の頭池は大蛇の血で真っ赤に染まり、神田川は三日三晩の間、血が流れる川となった』ということ。そしてしばらくすると小滝橋の堰に、大蛇の下あごの骨が引っかかっているのが見つかったのだとか。ちなみに神田川は吉祥寺駅の南側にある井の頭公園から始まり、日本橋から隅田川に注ぐ河川。井の頭公園から高井戸方面を通り、高田馬場方面へ旅した大蛇の骨。それはそれは長い道のりで。今では普通の橋ですが、こんな風景にも様々ないわれがあるものですね。


新宿区の情報をもっと!高田馬場の賃貸
| 新宿区 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(1) |
【牛込箪笥地域センター】牛込神楽坂駅を出てすぐです。
大江戸線・牛込神楽坂駅のA1番出口を出てすぐ真上を見上げると、ピンク色のタイル貼りの立派な建物。こちらは「牛込箪笥地域センター」。とっても立派な区民センターなのです。区民ホールや165平米の多目的ホールをはじめ、会議室、大小和室、調理室、キッズルーム、葬儀も可能な地下ホールなど、様々な用途に利用できるスペースを各種備えています。新宿区の一番東側(神楽坂周辺エリア)の箪笥地域と呼ばれるエリアは、地域活動が活発に行われているようで、この地域センターでも季節ごとのイベントや各種教室、地域の発表会などが催されています。ちなみに箪笥町という住所の名前はちょっと変わっていますが、昔たくさんの家具職人が住んでいた・・・という訳ではありません。江戸時代、この周辺には幕府の武器をつかさどる具足奉行・弓矢鑓奉行などの武家屋敷があり、当時、幕府の武器を総称して「箪笥」と呼んでいた事に由来するそうです。


新宿区の情報をもっと!神楽坂の賃貸
| 新宿区 | 13:21 | comments(0) | trackbacks(2) |
【画材と額縁の「世界堂」】まるで文具・美術用品のデパート
新宿3丁目に本店を構える“世界堂”は文具・画材・額縁などの美術用品を取り扱うデパートのようなお店です。本店の袖看板には『額・絵・画材日本一安く売る店世界堂』とうたわれているように店内のほとんどの商品が値引きされています。「モナリザもアッと驚くこの品揃え!この価格!」がキャッチコピーのようで、モナリザがビックリしているイラストがとても愉快です。それにしてもいろいろな品物があるもので。私なんかは画材というと絵の具と筆くらいしか知りませんが、絵の具の種類だけでも様々なものがあり、中には何に使うのかよくわからない道具もあったりします。石膏像を扱うフロアでは、巨大な全身像から胸像、首像まで各種そろっていて「美術館の倉庫みたい」なんていう感想を持ってしまうのは私だけではないでしょう。1階フロアは比較的日常に使う文具を中心に置かれているのでオフィス用品などをまとめ買いするのにもいいかもしれません。ちなみに「世界堂カード」に加入するとさらに5%割引ですよ!


新宿区の情報をもっと!新宿区で賃貸物件検索
| 新宿区 | 13:23 | comments(1) | trackbacks(2) |
【FEW MANY】太郎商店の“コレジャナイロボ”置いてます。
本気なのか冗談なのか、真剣なのかおふざけなのか。興味のない方には全く理解できない魅力的な商品を開発・販売する「太郎商店」をご存知ですか? 某人気テレビアニメに登場したロボットのパロディーのような“コレジャナイロボ”をはじめ、“自爆ボタン”や“野望ポスター”など、昭和の時代に子供期を過ごした方ならなんとなく懐かしさを感じてしまうグッズの数々は、一部の方の間でかなり話題のようです。太郎商店の基本は「バイク2台の合体変形店舗による移動販売が基本」(詳細は定かではない)なのですが、新宿に太郎商店のグッズを取り扱うお店があるというので行ってまいりました。「FEW MANY」は紀伊国屋の裏手方面にあるかわいらしいグッズを販売するお店。店内の一角にありました! ひときわ目立つ太郎商店のグッズが! 実際に目にしたコレジャナイロボはさすが手づくり・・・。木製のボディは釘やボンド(?)、市販の金具などで組まれています。小学生の夏休みの工作のようにも見えますが、何ともいえない魅力を感じてしまうのは私だけではないはずです。


新宿区の情報をもっと!新宿区で賃貸物件検索
| 新宿区 | 09:40 | comments(0) | trackbacks(1) |
【早稲田の観音寺】アーティスティックなデザイン
早稲田大学の学生さんなら一度は見たことがあるのではないでしょうか。本部キャンパスの敷地内といってもいいような場所にあるステキなデザインの「観音寺」。通常のお寺の様式には全くとらわれない外観はなんと表現したらいいんでしょう。とにかく斬新で、これがお寺だと気がついたときには目を疑いました。このお寺のデザインを手がけたのは著名な建築家で早稲田大学教授の石山修武教授です。石山修武教授は各方面で様々な賞を受賞する他、銅版、ドローイング、エッセイでも活躍されてる方で、自身の提唱する「開放系技術」を実践するためにご自宅「世田谷村」を建築されるなど、その業界ではとても有名な方だそうです。この早稲田の観音寺も完成時には業界でかなり話題になったそうですが、今のところ観光地的な扱いにはなっていないようです。ちなみにこちらのお寺はもともと護国寺の末寺で、今では山の手三十三所観音参の第十四番札所とされています。


新宿区の情報をもっと!早稲田の賃貸
| 新宿区 | 09:37 | comments(0) | trackbacks(1) |
【何でもかなう!?】西早稲田・源兵衛地蔵尊
高田馬場駅から早稲田通りを東へ。明治通りの少し先に意外と立派な地蔵尊が建っております。コチラは源兵衛地蔵尊。元禄の末頃この地にやってきた源兵衛は鉄砲玉を作り火薬の番をしながら荒地を開墾したそうです。その後、人が集まり集落が形成され、この周辺は源兵衛村と呼ばれるようになりました。源兵衛の死後、供養と功績を記念する為に村の有志者が地蔵尊を安置したのが1726年のこと。かなり歴史のある地蔵尊ですね。このお地蔵様、「願いがかなうお地蔵様」として地域の人からかなり大切にされているらしく、キレイに清掃されていますし、お供え物も新しいものばかりでした。願い事は何でもかなうらしく(?)境内には絵馬もたくさんぶら下がっておりました。ちなみに絵馬は「いせがね酒店」や「五十嵐書店」などご近所のお店で購入できます。また西早稲田商店会のマークもお地蔵様になっており周辺の方に愛されているのがわかりますよね。


新宿区の情報をもっと!高田馬場の賃貸
| 新宿区 | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
【並んで建ってます】日本出版会館・日本出版クラブ会館
神楽坂駅と飯田橋駅の中間くらいの高台、かつて牛込城があったとされる光照寺の正面に並んで建っているのが日本出版会館と日本出版クラブ会館です。日本出版会館には財団法人・日本書籍出版協会が入っており、日本全国大小様々な出版社が加盟し、出版に関する事業に取り組んでいます。近年では電子メディアの出版物利用にかかわる著作権の問題や違法フォトコピーへの対策、メディアの多様化による読書離れなど、高度情報化社会の発展により生じる新たな問題への対応も行われているそうです。2007年は創立50年をむかえます。そしてお隣に建つ日本出版クラブ会館は出版界の交流親睦をはかることを目的に財団法人・日本出版クラブによって運営されています。レストランや宴会場、会議室などのある複合施設でこちらは一般の方でも利用が可能です。普段なにげなく雑誌や書籍を読んでおりますが、出版業界という大きな組織で様々な取り組みが行われているものなんですね。


新宿区の情報をもっと!神楽坂の賃貸
| 新宿区 | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
【試衛館】新撰組の青春の地・天然理心流道場跡
現在の市谷柳町25番地あたり(東京シティ信用金庫の裏手)に「試衛館」の跡地があります。試衛館は近藤勇の義父、近藤周助が多摩から移り住み天然理心流の道場をつくったのが始まりです。同郷ということで道場に通い始めた近藤勇は、後にこの道場を継ぐことになります。土方歳三や沖田総司など、後の新撰組の主力メンバーも汗を流したとされるこの道場跡地、今ではアパートやマンションなどが密集する土地となってしまいましたが、およそ350年の歴史を持つという稲荷神社もひっそりと建っており、当時の歴史背景と現代をつないでおります。さらに、人の想いは終わらない、とでも言うのでしょうか。この地の歴史や新撰組の人物を熱心に研究している民間の団体もある様子で、町と協力してのイベントなども積極的に行っているようです(市谷柳町試衛館のホームページ)。古い街並みや史跡が数多く残る神楽坂界隈、注意深く歩いていると様々な発見、あるものですね。


新宿区の情報をもっと!神楽坂の賃貸
| 新宿区 | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
【グランド坂】早稲田大学野球部の歴史の名残り
東京は坂が多い町として知られており、特に山手線の内側(文京区や新宿区など)では由緒ある坂、景観のいい坂、かなり勾配のきつい坂など様々ありますね。中でも変っているのは早稲田大学のキャンパスを横切る“グランド坂”ではないでしょうか。カタカナの名前がついている坂って珍しいですよね。私はまたグランドさんという人がいてその人にちなんだ名前かと思っていましたが大間違い。この“グランド坂”という名前は早稲田大学の野球部の歴史に由来します。新宿区教育委員会の標識によると「戸塚球状(今の早大総合学術センター)のグランドから、六大学リーグ戦に向け練習に励む学生達の声が響いてくることからグランド坂と呼ばれるようになった」とのことです。現在は東京都西東京市に拠点を移した早稲田大学野球部ですが、ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手の大先輩達はこの地で汗を流していたのですね。


新宿区の情報をもっと!早稲田の賃貸
| 新宿区 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/4 | >>
お部屋探しはコチラ
東京のお部屋探しはコチラから
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LINKS
特選ピックアップエリア

■谷根千の賃貸
■文京区の賃貸

山手線の特選賃貸エリア

■高田馬場
■目白
■池袋
■大塚
■巣鴨
■駒込
■田端
■西日暮里
■日暮里

中央・総武線の特選賃貸エリア

■中野
■高円寺
■阿佐ヶ谷
■荻窪
■錦糸町

埼京線の特選賃貸エリア

■板橋
■十条
■赤羽

東西線の特選賃貸エリア

■早稲田
■神楽坂
■門前仲町

有楽町線の特選賃貸エリア

■月島
■護国寺
■要町

丸の内線の特選賃貸エリア

■茗荷谷
■後楽園
■本郷三丁目

日比谷線の特選賃貸エリア

■入谷
■三ノ輪

銀座線の特選賃貸エリア

■浅草

千代田線の特選賃貸エリア

■北千住
■町屋
■千駄木
■根津

三田線の特選賃貸エリア

■春日
■白山
■千石

南北線の特選賃貸エリア

■本駒込

西武池袋線の特選賃貸エリア

■椎名町
■江古田
■練馬
■石神井公園

東武東上線の特選賃貸エリア

■大山
■ときわ台
■成増

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
PROFILE
SEARCH

▲ PAGE TOP