東京の仲介不動産店「メジャーハウジング株式会社」です。
地域の情報を日々綴っていきますので、
お部屋探しの参考として、散策日記として、
タウン情報としてお楽しみ下さい。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【残りをまとめて!】東池袋のポケットパーク〜その6
東池袋のポケットパーク(辻広場)をご紹介する企画の6回目。どうやら現在のところ11ヶ所にあるようです。すべて回って来ましたのでまとめてご紹介させていただきます。まずは東池袋5−19にある『ガタガタ広場』(画像1)。何だがすごいネーミングですが、奥の木製フェンスが屏風型になっているからなのでしょうか。このガタガタ広場のはす向かいにあるのが『サンサン広場』(画像2)。巨大な太陽のオブジェクトをバックに、三日月や星を模ったテーブルやベンチが置いてありました。少し場所を移動して『日傘広場』(画像3)は東池袋5−6です。日傘のオブジェクトはスケルトンなので、実際には日傘になっていないのですが、地面に落ちるシルエットがステキです。東池袋5−32には『四季の花広場』(画像4)。こちらの広場面積の大半が傾斜になった花壇で、たくさんの花が咲いていました。地元の方が手入れされているのでしょうか。星座をモチーフにした『星ふる広場』(画像5)は東池袋5−35。防火水槽の施設には“みずがめ座”が描かれていてウィットにも富んでいます。最後は春日通りのすぐ近く、東池袋5−40の『さわやか広場』(画像6)です。ビルの狭間に現れるブリティッシュガーデンのようなスペースがとってもステキ。



これで以前にご紹介した分とあわせて全部で11の辻広場。みなさんはいくつ見つけることができるかな?


豊島区の情報をもっと!池袋の賃貸
| 豊島区 | 10:43 | comments(0) | trackbacks(1) |
【鎮守の森】東池袋のポケットパーク〜その5
東池袋のポケットパーク(辻広場)をご紹介する企画も今回で5回目。豊島区東池袋5丁目4番地にある「鎮守の森」です。“鎮守の森”を辞書で引くと「鎮守の社の境内にある森(大辞泉)」とあります。このポケットパーク自体が神社というわけではないのですが、鳥居を模したような赤いアーケードがあり、地域の方から寄贈された柿の木、文京区の方から寄贈された梅の木をはじめ広場に植えられた木は、大きくはないものの森のような雰囲気を作り出していて、地域の方にとっての「鎮守の森」と言っても全然おかしくはありません。入り口に5トンの防災用水槽を備える他、お隣の屋根から雨水をもらうように工夫された水受槽もあって、こちらには手押しポンプも付いています。奥には日の出小学校の児童が描いたパネルが飾られており、誰もいないけれどもアットホームな空気につつまれた小さな森は、物語でも作れそうな印象を受けます。密集した住宅街にあって、なんとなくホッとする空間ですね。


豊島区の情報をもっと!池袋の賃貸
| 豊島区 | 14:55 | comments(0) | trackbacks(1) |
【富士山広場】東池袋のポケットパーク〜その4
東池袋のポケットパーク(辻広場)をご紹介するシリーズの4回目。こちらも少しわかりづらい場所にあるのですが、東池袋5丁目30番にある「富士山広場」です。奥のフェンスが富士山の形をしているので富士山広場。ネーミングは非常にわかりやすいです。たくさんの鉢植えが置いてあったり、ご近所の方が運営されていると思われる小さな文庫があったり、ホントに小さな公園なのですが、なんとなくアットホームな雰囲気を感じることができます。心無い人がやったのでしょうが、スプレーで書いたような悪戯書きがあるのはいただけないけど・・・。公園の一番奥から手前に、囲うように水が流れるタイルの道があるのですが、その道のスタート地点には小さな小さな碑が。「水窪川の碑・昔ここに小さな川が流れていた。後世にこれを伝える」と刻まれています。こういうのって情緒がありますよね。せっかくのステキな公園なので、これからも大切にして欲しいものです。


豊島区の情報をもっと!池袋の賃貸
| 豊島区 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(1) |
【金乗院・目白不動】江戸五色不動って実際はどうなの!?
以前、目黒不動をご紹介したときに“江戸五色不動”として「3代将軍家光が江戸にある5ヶ所の不動尊を選んで江戸五色不動とし天下泰平を祈願した」というエピソードをご紹介しましたが、どうやら江戸時代に“目”がつく不動は、目黒、目白、目赤(赤目)の3つしかなかったという話もあるようで。というと徳川家光の五色不動のエピソードは後付なのでしょうか・・・。まあ、気を取り直して本日は“目白不動”をご紹介です。目白不動は以前、文京区関口(現在の江戸川公園あたり)の新長谷寺にありましがた戦災で消失した為に、豊島区高田(目白駅から東方面)にある金乗院に移されました。この目白不動は弘法大師の作とされており、その姿は通例の不動の様相とはことなり、自ら切り落とした左腕から噴き出す霊火を全身に纏うという、特別の強い力がある姿とされているそうです。ちょっとわかりづらい場所にあるのですが、本堂に向かって右手の階段の上になります。目白界隈の史跡めぐりの際は、是非ご覧下さい。


豊島区の情報をもっと!目白の賃貸
| 豊島区 | 16:45 | comments(0) | trackbacks(1) |
【モーモー広場】東池袋のポケットパーク〜その3
以前から「なまず広場」「日光広場」とご紹介してまいりましたが、東池袋のポケットパーク特集第3弾は「モーモー広場」です。これらのポケットパーク(辻広場)、大きな公園が作りづらい東池袋という住宅密集地において、防火用水や緑ある場所を確保することが目的の一つとして作られています。中にはずいぶん見つけづらい場所に造られたものもあるもので。地図でだいたいの当たりをつけて、住宅街の細い道を通り抜けると・・・。いきなり巨大なウシのオブジェクトが見つかるので、ちょっとビックリします。場所は東池袋5丁目26番。明治から大正初期にかけては豊島区内でもたくさんの牧場があり、乳牛を飼育して都心へ牛乳を供給していたのだそうです。この地区でも2つの牧場があったことにちなんで、この辻広場が造られたんですって。今ではすっかり大きなターミナル駅となっていますが、池袋も昔はずいぶん田舎だったのですね。


豊島区の情報をもっと!池袋の賃貸
| 豊島区 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(1) |
【日光広場】東池袋のポケットパーク〜その2
以前、東池袋の「なまず広場」というポケットパーク(辻広場)をご紹介しましたが、本日はその第2弾「日光広場」をご紹介です。東池袋4丁目15番地にあるひときわ小さな辻広場ですが、コンパクトな敷地の中に日光の観光名所が満載!? 日光東照宮の陽明門を模ったオブジェクトは防災用具置場にもなっていて、地下には5tの消化用水槽が設置。地面は中禅寺湖の形をしており、タイル模様は住民参加の工事によって造られました。奥のフェンスは男体山で、華厳の滝はポンプ仕掛け、「見ザル・聞かザル・言わザル」のベンチなんかもあるんです。まあ、はじめ見たときは何で“日光広場”と名が付いているのかさっぱりわかりませんでしたが、説明書きを見て納得。遊び心たっぷりの街角スペースでした。


豊島区の情報をもっと!池袋の賃貸
| 豊島区 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(1) |
【巣鴨・本妙寺】名奉行、遠山金四郎の眠るお寺
巣鴨駅から白山通りを北上、10分くらい歩いて右手に入ると、徳栄山・本妙寺があります。こちらのお寺には「遠山の金さん」シリーズでおなじみの江戸の名奉行・遠山金四郎景元のお墓があるんです。テレビドラマでは「この桜吹雪に見覚えがねぇとは言わせねえ!」の決め台詞で大活躍する金さんですが、実在した金さんにも、様々なエピソードがあるようです。天保の改革の際、江戸歌舞伎三座を廃止する案が出たところ、浅草の外れに移転させて存続させたのは有名なエピソード。金さんのその働きに感謝した関係者が“遠山の金さん”の芝居を上演するようになったのだとか。ちなみにこちらの本妙寺、金さんのお墓の他にも、江戸の剣豪・千葉周作や、囲碁の家元・本因坊歴代のお墓、日本最初の通訳・森山多吉郎など、歴史を作った有名な方が数多く眠られているようです。染井霊園のご近所ですので、桜吹雪の季節に遠山の金さんのお墓参りと洒落込んでみましょうか!?


豊島区の情報をもっと!巣鴨の賃貸
| 豊島区 | 16:37 | comments(0) | trackbacks(1) |
【大塚台公園】C58形蒸気機関車、見られます。
蒸気機関車を保存している公園ってよくありますよね。大塚駅南口方面から都電荒川線沿いを歩いて右手にある大塚台公園ではC58形蒸気機関車が見られます。C58形はテンダー機関車と呼ばれる種類の機関車にテンダーと呼ばれる炭水車が接続されたタイプ。水や石炭の積載容量が多いため、長距離運航に適していたそうです。昭和13年から昭和22年にかけて427両が製造されましたが、こちらの公園に保存されているものは主に北海道五稜郭機関区に配属されて戦後の混乱期、旅客や貨物の輸送に活躍しました。昭和21年に大阪の工場で誕生してから、函館機関区でその業務を終える昭和48年まで、その間の走行距離はおよそ932,800km。なんと地球を23週した計算になるとのことです。たくさんの子供たちが遊ぶ公園の中央で、役目を終えてから30年以上経った今でもその存在感は圧倒的ですね。(参考:Wikipedia、大塚台公園内資料)


豊島区の情報をもっと!大塚の賃貸
| 豊島区 | 13:46 | comments(0) | trackbacks(1) |
【駒込植木の里】私の庭・みんなの庭
先日、染井霊園の記事でご紹介しましたとおり、駒込周辺は江戸の昔、園芸が盛んな街として知られておりました。染井霊園に向かう途中、染井通りの右手に「花咲か七軒町 植木の里」と刻まれた碑のある小さな広場を見つけました。“私の庭・みんなの庭”と名付けられているのでしょうか。この広場は豊島区の土地ですが、地域の方々による自主管理で整備がされています。入り口の東屋には安藤広重がこの周辺の様子を描いた「染井植木屋」の浮世絵とともに、この広場の使い方に関する様々な貼り紙がしてあります。掃除や草むしりはもちろん、小さな畑で作る作物の手入れや収穫のルール。全部ボランティアで行われているとは思えないくらいキレイに手入れがされていて、地域の方々が大切に運営している様子が伺えます。小さな池にはめだかが泳いでいたり、手押しポンプがあったり、都会ではなかなか見ることができなくなった風景が楽しめる小さなお庭。ずっと大切にしていきたいですね。


豊島区の情報をもっと!駒込の賃貸
| 豊島区 | 16:16 | comments(0) | trackbacks(1) |
【南池袋公園】都会の喧騒の中でホッと一息。
池袋駅の東口側、南池袋2丁目の“南池袋公園”には学生さんや近所にお勤めの方など『様々な方』がくつろぐ何ともアットホームな雰囲気の公園。池袋のような繁華街にこんなゆったりとした空間があるとなんとなくホッとしますね。中央にある噴水がシンボリックでこちらは夜になるとライトアップされるそうです。近くにはお洒落なお店も多くあるのでデートなんかにもいいかもしれませんね。今ではのんびりムードですが、第2次世界大戦の際に空襲で相当の死者を出し、南池袋公園の一角において埋葬されたという歴史も持っております(公園の周りにはいくつかのお寺も並びます)。それに関係あってのことでしょうか。公園内には広島で人類史上初の原子爆弾により被爆したアオギリの二世が植えられています。1945年8月6日に被爆したアオギリが広島平和記念公園に移され、その種子から育てられたのがこの木だということです。小さな公園にも歴史があるものなのですね。


豊島区の情報をもっと!池袋の賃貸
| 豊島区 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/7 | >>
お部屋探しはコチラ
東京のお部屋探しはコチラから
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
LINKS
特選ピックアップエリア

■谷根千の賃貸
■文京区の賃貸

山手線の特選賃貸エリア

■高田馬場
■目白
■池袋
■大塚
■巣鴨
■駒込
■田端
■西日暮里
■日暮里

中央・総武線の特選賃貸エリア

■中野
■高円寺
■阿佐ヶ谷
■荻窪
■錦糸町

埼京線の特選賃貸エリア

■板橋
■十条
■赤羽

東西線の特選賃貸エリア

■早稲田
■神楽坂
■門前仲町

有楽町線の特選賃貸エリア

■月島
■護国寺
■要町

丸の内線の特選賃貸エリア

■茗荷谷
■後楽園
■本郷三丁目

日比谷線の特選賃貸エリア

■入谷
■三ノ輪

銀座線の特選賃貸エリア

■浅草

千代田線の特選賃貸エリア

■北千住
■町屋
■千駄木
■根津

三田線の特選賃貸エリア

■春日
■白山
■千石

南北線の特選賃貸エリア

■本駒込

西武池袋線の特選賃貸エリア

■椎名町
■江古田
■練馬
■石神井公園

東武東上線の特選賃貸エリア

■大山
■ときわ台
■成増

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
PROFILE
SEARCH

▲ PAGE TOP