東京の仲介不動産店「メジャーハウジング株式会社」です。
地域の情報を日々綴っていきますので、
お部屋探しの参考として、散策日記として、
タウン情報としてお楽しみ下さい。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【高円寺で打楽器専門】プロフェッショナルパーカッション
高円寺駅の東側、環状七号線沿いにある一際目立つ黄色い看板はパーカッション(打楽器)を専門的に扱う
プロフェッショナルパーカッション』です。取り扱う業務は貸しスタジオ、打楽器のレンタル、打楽器の販売、打楽器の修理や調整、打楽器教室など多岐にわたります。さっそくサイトをのぞいてみると、取り扱う打楽器の種類の多さに驚きました。レンタル打楽器では西洋クラシック音楽で使われるティンパニーやマリンバはもちろん、アジア・アフリカ・ヨーロッパなど世界各地の民族打楽器も取り扱っています。打楽器は基本的に“叩けば音が鳴る”ものなのでしょうが、写真を見ただけではどのように使って、どのような音が鳴るのか想像がつかないような楽器もたくさんありました。サイト内にはそんな珍しい打楽器を集めた「打楽器資料館」のコーナーもあって、ムービー付きでその楽器の音が聞けるようになっています。音楽に携わる仕事ではない限りなかなかお世話になることはないかもしれませんが、なんだかとっても魅力的な会社なのであります。


杉並区の情報をもっと!高円寺の賃貸
| 杉並区 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(2) |
【放駒部屋】かつては阿佐ヶ谷も相撲の街!?
相撲といえばやっぱり両国。相撲部屋の数も両国のある墨田区が圧倒的に多く、現在53部屋ある相撲部屋のうち20の部屋が墨田区内にあります。その他の部屋はどこにあるのかというと、墨田区に隣接する江東区に7部屋ある他は、割とばらばらに点在していることはあまり知られていないことでしょうか。そんな中でも、戦後に「東の両国・西の阿佐ヶ谷」と言われるほど阿佐ヶ谷は相撲部屋で有名な町でした。現在は阿佐ヶ谷南3丁目に放駒部屋を残すのみとなってしまいましたが、かつては花籠部屋や二子部屋などもあり、有名な力士も阿佐ヶ谷の街を歩いていたことでしょう。放駒部屋は花籠部屋から独立した部屋で、放駒親方は元大関の魁傑(かいけつ)。第62代横綱の大乃国が在籍していた部屋ですが、現在の関取(十両以上の力士)は駿傑(しゅんけつ)一人のみと、ちょっと寂しい感じもします。幕下では結構いい位置にいる力士もいますので、阿佐ヶ谷の町が再び相撲で盛り上がるよう、頑張って欲しいですね。


杉並区の情報をもっと!阿佐ヶ谷の賃貸
| 杉並区 | 10:11 | comments(0) | trackbacks(1) |
【阿佐ヶ谷・神明宮】夫婦欅にあやかって!?
阿佐ヶ谷駅から中杉通りを北上して右手方面。神明宮は旧阿佐ヶ谷村の鎮守で、天照大御神を祭神とする神社です。ゆったりとした敷地に周囲の緑、昭和天皇在位六十周年の記念事業の一環として整備しなおされたキレイな社殿。ゆったりとした時間が流れるような、さわやかな雰囲気の境内です。さて、境内の中に“夫婦欅(めおとけやき)”と名付けられた大きなケヤキの木を見つけました。このケヤキの木、もともとの御神木が枯れてしまったために昭和の初期に地元青年団によって奉納されたもの。当初は二本の若木だったそうなのですが、年月を重ねるにつれ寄り添うように、ついには一本の木として結ばれたそうです。奉納されてからすでに70年以上の時が経っているのでしょうか。仲睦まじく固く結ばれたこのケヤキにあやかろうと、この神社を訪れるカップルももいらっしゃるそうですよ。


杉並区の情報をもっと!阿佐ヶ谷の賃貸
| 杉並区 | 17:45 | comments(0) | trackbacks(1) |
【諸国民芸ねじめ】作家・ねじめ正一さんのご実家です
いつも明るく賑やかな阿佐ヶ谷の商店街“パールセンター商店街”の中ほどにある民芸品店が「諸国民芸ねじめ」。正真正銘、詩人・作家のねじめ正一さんがオーナーのお店です。ねじめ正一さんの代表作“高円寺純情商店街”に書かれている通り、ねじめさんのご実家は元々お隣の駅・高円寺駅で乾物屋さんを営んでおりました。俳人でもあったねじめさんの父の趣味が高じて、乾物屋さんを廃業し民芸品店を開いたのが昭和41年のこと。昭和47年の高円寺区画整理によって阿佐ヶ谷に移ってきましたが、かなり歴史のあるお店ですよね。店内には玩具や日用品、飾り物など、日本各地の民芸品が所狭しと並びます。「諸国民芸ねじめ」のサイトによると季節や歳時ごとに各地の民芸品・和雑貨などを入荷されているそうで、ブログで入荷品を確認できるのもおもしろいですね。


中野区の情報をもっと!阿佐ヶ谷の賃貸
| 杉並区 | 10:49 | comments(0) | trackbacks(1) |
【株式会社タマス】世界的な卓球ブランド“バタフライ”
卓球を本格的にやられたことのある方ならおなじみの“バタフライ”。会社名かと思っていたら株式会社タマスの卓球用品ブランドであることを最近知りました。現在では世界各国の選手に利用されているバタフライブランドですが、本社は阿佐ヶ谷駅と高円寺駅の中間辺りの青梅街道沿いと、意外と身近な場所にありました。愛ちゃんの大きな看板も目立っております。卓球用具の開発・生産・販売はもちろんのこと、「卓球レポート」(月刊誌)の発行や、卓球道場の運営、全国各地でのチームカップの開催など幅広い経営を行われており、日本での卓球の普及に大きな役割を担ってきたことは間違いないでしょう。創業者は田舛彦介氏(たます ひこすけ:故人)で、なんと卓球の全日本チャンピオン選手であった方だそうです。バタフライというブランド名の由来も「選手を花に例え、社員一同は、花に仕える蝶のごとく、選手に奉仕する・・・集団である」ことを意味するそうで、卓球への“愛”を感じますよね。※「バタフライ」は株式会社タマスの登録商標です。


杉並区の情報をもっと!阿佐ヶ谷の賃貸
| 杉並区 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(1) |
【釣り堀:寿々木園】阿佐ヶ谷駅のすぐ近くで楽しめます
阿佐ヶ谷駅から徒歩1分。といってもマンションや民家に囲まれてほとんど目立たない場所にある釣り堀“寿々木園”をご存知ですが? 何でも大正13年創業ということですが、駅から近いのにもかかわらず建物で死角になっており、阿佐ヶ谷にお住まいの方でも知る人ぞ知るといった都会のオアシス的存在だそうです。1時間550円で、餌と竿付き。鯉釣りと金魚釣りが楽しめます。釣った金魚は3匹まで持ち帰りが可能。中にはかなり高級な金魚も混じっているそうですよ。しかし、見ているとかなりむつかしそう。竿も糸も針もかなり細いですし、よく考えたら金魚の口ってあんなに小さいんですものね。上手に釣り上げては談笑している方たちは常連さんでしょうか。カップルで楽しんでいる方の姿も見えます。これだけお天気がいいととっても気持ちよさそう。私も仕事中でなければ間違いなく参加していたでしょう。


杉並区の情報をもっと!阿佐ヶ谷の賃貸
| 杉並区 | 10:05 | comments(0) | trackbacks(1) |
【高円寺:アジアンママ】むげん堂経営のお洒落なレストラン
昨日は高円寺の「仲屋むげん堂」の話題をご紹介いたしましたが、私、若いころにかなりお世話になっておりまして、懐かしさのあまり2日連続で関連した話題です。直接お世話になっていたわけではないんですけどね。むげん堂発行の「一人暮らしごはんの友」という本がありまして、お金のない学生時代、この本が私の“料理の先生”でした。簡単にできるエスニック料理のレシピから、どうしてもお金がないときにお手軽・安上がりでできる料理体験まで紹介されていて、ずいぶんと助かったものです。さて、むげん堂さんは“食”に関してもかなりのこだわりがあるようで、高円寺の南口に「アジアンママ」という無国籍料理のお店を経営しております。「お酒を楽しむ大人のためのお店」なので、20歳未満の方や騒ぐ方はNGといったスタンス。落ち着いた雰囲気の店内では、アジア各国の料理をベースにした様々な創作料理を、豊富な品揃えのお酒と一緒に楽しめます。ランチタイムはもうすこし砕けた感じで、メニューはなんと500円から。「赤字覚悟」の20円スープなんていうのもあり、お手ごろ価格でおいしいランチタイムが楽しめます。う〜ん。お近くの方がうらやましい。


杉並区の情報をもっと!高円寺の賃貸
| 杉並区 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(1) |
【仲屋むげん堂】高円寺発! 現在8店舗!
アジアン雑貨のお店といえば、最近アチラコチラで見かけますが、昔はそんなことなかったですよね。みなさんご存知、高円寺の「仲屋むげん堂」といえば昭和53年創業のアジアン雑貨の老舗ともいえるお店です。高円寺駅から西側方面へ、何とも雰囲気がいいガード下のお店が本店(本陣)なのですが、現在は東京都内を中心に8店舗を数えます。実は私、十ウン年前によく通っておりまして、この度ひさびさに高円寺本店まで行ってみたのですが、所狭しと並ぶ色鮮やかな洋服やアクセサリー、民族楽器、利用用途が不明な品物まで、雰囲気は昔のままでした。この「仲屋むげん堂」さん、各店舗に並ぶ品物は“仕入部隊”と呼ばれる人たちが、実際にインド、ネパール、アジア諸国まで足を運び目で見たものを直輸入しているとのこと。値札を見ると、どれもかなりお安いような気がします。毎月発行の「仲屋むげん堂通信」(現在第311号。歴史を感じます。)では、仕入旅の様子なんかも書かれていて読み物として固定のファンがいるくらい面白い! 宇都宮にある支店(四番組)は2月20日をもって18年の歴史に幕を閉じるそうですが、最後の感謝セールとして全品50%OFFセールを行っているそうです。


杉並区の情報をもっと!高円寺の賃貸
| 杉並区 | 10:09 | comments(1) | trackbacks(1) |
【神楽坂の高台】光照寺と牛込城跡
神楽坂駅から飯田橋駅に向かって“神楽坂”を下る途中、右手に上るのが“地蔵坂”です。坂の上に光照寺があり、光照寺には近江国(滋賀県)の三井寺から移されたと伝えられる子安地蔵があったことから地蔵坂です。そしてこの光照寺一帯は戦国時代にこの地域の領主であった牛込氏の城跡地とされています。牛込氏は北条氏の家臣で赤坂・桜田・日比谷付近も領有しますが、北条氏滅亡後は徳川家康に従い、牛込城も取り壊されてしまうことになったそうです(新宿区教育委員会の説明版より)。その後、1645年に神田より光照寺が移転してくるわけですが、境内には「諸国旅人供養碑」や狂歌師の「便々館湖鯉鮒(べんべんかんこりふ)」の墓がありこれらは新宿区登録文化財として指定されています。歴史が入り乱れ、かなり由緒のある場所となっていますが、この付近は見晴らしのよい高台で、かつては江戸湾の出舟入舟の様子が眺められたほどだそうです。さすが東京の一等地といったところでしょうか。


新宿区の情報をもっと!神楽坂の賃貸
| 杉並区 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(1) |
すっかりおなじみ【阿佐ヶ谷ジャズストリート2006】
阿佐ヶ谷ジャズストリート」も今年で第12回。昨日、今日と阿佐ヶ谷のあちらこちらでジャズの音色が響きました。テレビでおなじみのプロの方をはじめ市民バンドから学生バンド、小学生のバンドなど出演者も様々。神社の境内や学校、教会などを会場にした有料のイベントも多いのですが、ストリート上で展開される無料の演奏だけでも十分楽しめちゃうくらい、内容は盛りだくさんです。写真の左上はパールセンターを練り歩くディキシーモダンボーイズのみなさん。愉快な演出とディキシーの軽快な音楽で商店街を歩く人たちを盛り上げます。たくさんのお客さんを引き連れてまるでキャラバン隊のよう。写真左下は劇団四季の「ライオンキング」で初代パーカッションを担当したB.B.モフランさん率いる「B.B.モフラン&ビタシカ」のみなさん。コチラは子どもと一緒にリズムを楽しもう、ということで会場は走り回るお子さんやあたたかい笑い声が響く中のすばらしい演奏で、とってもアットホームな雰囲気でした。阿佐ヶ谷駅南口では本場、米国空軍太平洋音楽隊のビッグバンド演奏。コチラは毎年とても人気があるらしく、スゴイ人出でおおいに盛り上がっておりました(写真右下)。



とにかく熱い阿佐ヶ谷の二日間でしたが、夜もまだまだ盛り上がりましょう。バラエティ会場として連携参加している阿佐ヶ谷周辺のライブハウスやカフェでも各種ライブイベントが開催されます。詳細は阿佐ヶ谷ジャズストリートのサイトでご覧下さい。

杉並区の情報をもっと!阿佐ヶ谷の賃貸
| 杉並区 | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3 | >>
お部屋探しはコチラ
東京のお部屋探しはコチラから
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
LINKS
特選ピックアップエリア

■谷根千の賃貸
■文京区の賃貸

山手線の特選賃貸エリア

■高田馬場
■目白
■池袋
■大塚
■巣鴨
■駒込
■田端
■西日暮里
■日暮里

中央・総武線の特選賃貸エリア

■中野
■高円寺
■阿佐ヶ谷
■荻窪
■錦糸町

埼京線の特選賃貸エリア

■板橋
■十条
■赤羽

東西線の特選賃貸エリア

■早稲田
■神楽坂
■門前仲町

有楽町線の特選賃貸エリア

■月島
■護国寺
■要町

丸の内線の特選賃貸エリア

■茗荷谷
■後楽園
■本郷三丁目

日比谷線の特選賃貸エリア

■入谷
■三ノ輪

銀座線の特選賃貸エリア

■浅草

千代田線の特選賃貸エリア

■北千住
■町屋
■千駄木
■根津

三田線の特選賃貸エリア

■春日
■白山
■千石

南北線の特選賃貸エリア

■本駒込

西武池袋線の特選賃貸エリア

■椎名町
■江古田
■練馬
■石神井公園

東武東上線の特選賃貸エリア

■大山
■ときわ台
■成増

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
PROFILE
SEARCH

▲ PAGE TOP