東京の仲介不動産店「メジャーハウジング株式会社」です。
地域の情報を日々綴っていきますので、
お部屋探しの参考として、散策日記として、
タウン情報としてお楽しみ下さい。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【文京区湯島】土蔵造りが今に残る講安寺
以前ご紹介させていただいた無縁坂を上りきったあたりにある講安寺。文京区教育委員会の説明版によると「コチラの本堂は社寺建築でありながら土蔵造りである。」とされており、どうやらこれは珍しいものなのだそうで。土蔵造りとは木で作った骨組みに土を塗り、漆喰で表面を何度も塗り固めて壁を作る工法で、家そのものの防火性能を高くするための造りだそうです。もともと倉庫などに使われる工法ですので、寺院の本堂に使われるのは確かに珍しいかもしれませんね。周囲の建物が災害にあったり立替をされる中、「火事に悩まされた江戸の町ならではの防火の知恵」をもった建物が保存状態のいいまま残るのは貴重で、文京区の指定文化財とされています。立地は、湯島駅からですと不忍池を右手に見ながら「不忍池西」の信号を西側に、本郷三丁目駅からですと東大付属病院を左手に見ながら歩いた場所となります。


文京区の情報をもっと!文京区の賃貸
| 文京区 | 14:44 | comments(0) | trackbacks(42) |
【東大病院】歴史ある鉄門の由来
東京大学医学部付属病院に行かれる場合、本郷三丁目駅から春日通りを東に進み、消防署前の信号を左折、“竜岡門”から入るのが通常ですが、道なりに更に進むと“鉄門”があるのをご存知でしょうか。東京大学医学部は、もともと神田お玉ヶ池の種痘所から始まったと言うお話しは以前ご紹介させていただいた通りですが、当時の種痘所の門扉は厚い板を鉄板で囲った造りで、種痘所自体が『鉄門』と呼ばれていたそうです。種痘所は、西洋医学所・医学校・東京医学校などと改称され、明治9年(1876年)に本郷の地に移転しました。移転当初は種痘所の門扉を使用していたそうですが、その後、格子模様の鉄製門に変えられました。明治17年(1884年)に法学部・文学部が移転してくるまでは、この鉄門が本郷キャンパスの正門だったのですが、大正期に撤去されることになります。現在の鉄門は東京大学医学部誕生150周年記念として造られたもので、明治期の鉄門を模したものになっています。


文京区の情報をもっと!本郷三丁目の賃貸
| 文京区 | 10:14 | comments(0) | trackbacks(1) |
【無縁坂】いろいろなエピソードがありますよね。
場所は知らなくとも、さだまさしの歌で有名ですので名前だけは知っているという方も多いかと思います。無縁坂は文京区本郷7丁目と台東区池之端1丁目の境界にあたる東西にのびる坂で、湯島駅からですと不忍池を右手に見ながら「不忍池西」の信号を西側に、本郷三丁目駅からですと東大付属病院を左手に見ながら歩いた場所にあります。坂の名前は坂の上に無縁寺があったことに由来します。森鴎外の作品『雁』の中で主人公が散歩道として歩いたということでも知られています。『雁』の中では「寂しい無縁坂を降りて・・・」という一説がありますが、坂の北側は高級住宅が並び、南側は旧岩崎庭園の石積みの壁となっており、日中歩くとどちらかというと明るい雰囲気の通りです。また、かつてこの界隈には武家屋敷が多く「武家に縁がある」として“武縁坂”呼ばれることもあったそうです。


文京区の情報をもっと!本郷三丁目の賃貸
| 文京区 | 14:18 | comments(0) | trackbacks(1) |
【東京ドームで開催中】世界らん展日本大賞2007
毎年この時期、東京ドームで開催される“世界らん展日本大賞”。行きたいと思いながらもなかなか機会がなかったのですが、今年は縁あっていってまいりました。東京ドームを会場にしての花のイベントって、一体どのくらいの規模のものなのか全く想像がつかなかったのですが、ものすごい規模でした。グラウンドレベルは展示ごとに区画されて、色とりどりの蘭の花で埋め尽くされています。会場全体はギリシャ神話をモチーフにして、関連した展示では蘭の花が持つ美しさ・気高さがより引き出されているような雰囲気。かと思いきや販売エリアでは各ブロックごとに威勢のよい声が響き、切り花や鉢植えなどがお得なお値段で売られていく姿は熱気に包まれています。それにしても広い会場では様々な企画や展示が行われていて一日かけて楽しめます。ちなみに今年の大賞は青森県の小泉進さんの作品で「ゴールドシュミッティアナム“コイズミ”」が受賞されました。“世界らん展”は3月4日まで開催。入場料は当日券で2,000円。充分に価値のあるイベントですので、みなさんお誘いあわせの上、足を運んでみてください。


文京区の情報をもっと!後楽園の賃貸
| 文京区 | 09:53 | comments(0) | trackbacks(2) |
【文京区:水道端図書館】児童書の蔵書数がすごいです。
現在の文京区水道、小日向一丁目の周辺。以前は「水道端(すいどうばた)」と呼ばれる住所でしたが、これはかつて神田上水の南北に沿った町であったことに由来します。神田上水は江戸の町の飲料水を供給する為に重要な役割を担った最古の上水道で、徳川家康の命によって作られたものです。神田上水は現在は暗渠となっておりますが、そんな歴史のある「水道端」の名前を冠した図書館が現在もこの地に建っています。水道端図書館は文京区内に11館ある区立図書館の一つで、洋書絵本や児童書の蔵書数が多いことでも知られています。文京区立図書館のサイトによると、洋書絵本の数は2300冊あまりを揃え、英語のものを中心に北はロシアから南はスワヒリ語まで、40種類ほどの言語の絵本が揃えられているそうです。そういわれてみると建物のガラス張りになった部分にはモーリス・センダックの有名な絵本「かいじゅうたちのいるところ」のワンシーンが描かれています。一般書も含めて蔵書数は文京区内でトップクラスなのですが、貸し出し数はそれほど多くないようですので、お近くの方は是非ご利用されてみてはいかが?


文京区の情報をもっと!文京区の賃貸
| 文京区 | 10:11 | comments(0) | trackbacks(1) |
【護国寺:鼠坂】小日向から音羽へ降りる急坂
森鴎外の作品にもある“鼠坂”。小日向台地から音羽通りへと下る急坂で音羽一丁目10番と13番の間にありますが、作品中にもこの鼠坂の様子が情景豊かに描写されています。森鴎外の作品の中では「鼠でなくては上がり降りが出来ないと云う意味で附けた名だそうだ」とありますが、『御府内備考』では「鼠坂は音羽五丁目より新屋敷へのぼるの坂なり、至てほそき坂なれば鼠穴などいう地名の類にてかくいふなるべし」と鼠坂と名づけられた由来を説明しています。それにしても先人がおっしゃる通り、この坂はホントにきつい坂。仕事でこの坂の上あたりに行くことがよくあるのですが、護国寺駅からいく場合にはどうしてもこの坂を上らなければならず、上りきる頃には完全に息が切れています。また、帰りは帰りで急な坂道を転がり落ちそうでホントに怖い・・・。“水見坂”とも呼ばれていたそうですが、これはかつて弦巻川という現在の高速道路あたりに沿って流れていた川の水流を眺めることができたからだとか。大雨の日なんかは、この坂が川のように水が流れていきそうなんですけど・・・。

青字部分引用:森鴎外『鼠坂』より
緑字部分引用:現地『文京区教育委員会』の説明板より


文京区の情報をもっと!護国寺の賃貸
| 文京区 | 10:38 | comments(0) | trackbacks(1) |
【文京区向丘】本郷通り沿いの浄心寺
地図上で文京区の向丘(むこうがおか)という住所をご覧いただくとわかるのですが、この住所内にはお寺が密集して建っています。中でも目を引くのが本郷通りを歩いていて突然現れる布袋様が目印(?)の浄心寺です。それにしても優しいお顔で、何とも福福しい大きな布袋様。何かいわれがあるものかと調べてみても特に何も見つかりません。ご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えて欲しいのですが・・・。ところで、この浄心寺は江戸三十三箇所の10番目に数えられています。江戸三十三箇所とは東京都内にある33ヶ所の観音札所のことで、江戸時代に観音霊場巡礼が流行した際に各地で設定されました。もともとは元禄年間に設定された江戸三十三箇所ですが、現在のものは昭和51年(1976年)に改訂された「昭和新撰 江戸三十三観音札所」となります。浄心寺のご本尊は阿弥陀如来で、札所御本尊は十一面観世音菩薩。奥にある本堂はとても立派で圧倒されます。


文京区の情報をもっと!文京区の賃貸
| 文京区 | 09:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
【茗荷谷駅】地下鉄・地上を走る!!
拓殖大学やお茶の水女子大学など、各種学校も多く暮らしやすい住宅街として人気がある茗荷谷駅周辺。毎週日曜日に駅前で朝市が開かれることでも有名ですよね。さて、そんな茗荷谷駅は“地下鉄”の丸の内線なのですが、池袋駅を出発した丸の内線は茗荷谷駅で“地上に出て”しまいます。これは茗荷谷という駅名が表すように、「谷」の部分に当たる地形が影響しているようです。現在のこの周辺の住所名になっている小石川台地と小日向台地の間は浅い谷になっており、地下鉄を通す際にこの地形を利用したのでしょうね。まあ、それにしても地上を走る地下鉄の見事な走りっぷり。小日向1丁目から春日2丁目にかけて線路に沿うように歩いていくと、おそらくこの辺りがかつての“谷”にあたる地形の底なのでしょう。丸の内線がはるか頭上を走っていくのがご覧いただけます。地上を走る地下鉄は他にもいくつかあるのですが、東京に来たばかりの人だとちょっと混乱してしまうかもしれませんね。


文京区の情報をもっと!茗荷谷の賃貸
| 文京区 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
【牛天神・北野神社】2月1日から紅梅まつり
牛天神”の名で知られる春日1丁目の北野神社。菅原道真を祀る天神様ですのでやはり梅がシンボル的に扱われています。先日通りかかったときには、すでに何本かの梅の木でかわいらしいピンク色の花を咲かせていましたよ。この牛天神では今年も2月1日〜25日まで「紅梅まつり」が開催されます。他の梅の名所に比べるとそれほど広くない敷地ではありますが、小ぢんまりとした境内はきれいに整備され、とても雰囲気がいいんです。期間中の土曜日には甘酒・しょうが湯が振舞われ、2月4・11・12・18・25日には牛天神北野の紅梅のお菓子が一日限定100個の振る舞いなんかもあるんですって。最終日の2月25日には、先着200人に梅の小枝がいただけるそうで。枝を切ってしまっても大丈夫なの? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、「桜伐るバカ、梅伐らぬバカ」と言われるとおり、梅の木は剪定に強く、切り詰めないと徒枝が伸びすぎてしまい、実の付き方も悪くなってしまうので、安心してありがたい梅の枝をもらっていきましょう。北野神社には後楽園駅または春日駅が便利です。


文京区の情報をもっと!後楽園の賃貸春日の賃貸
| 文京区 | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
【追分一里塚跡】中仙道で最初の一里塚
文京区の東京大学農学部の向かいにある酒屋さん。一見、何て事のない普通の酒屋さんですが江戸時代から続く由緒ある酒屋さんなんです。確かに建物の外観をよくよく見ると、かなり昔の建物であるように見られます。この高崎屋さん創業は1751年。かつては両替商も兼ねており、江戸の当時は「現金安売り」で繁盛したそうです。そしてこの酒屋さんのすぐ横に、文京区教育委員会の案内表示が建っているのですが、実はこの地は追分一里塚の跡地だったとのこと。一里塚とは、江戸時代の標識のようなもので、日本橋を起点にして街道筋に一里(約4km)ごとに建てられた塚のことです。一里塚には榎などの木が植えられることが多く、旅人が木陰で休息を取れるようにしたものなんだとか。ここの一里塚跡は中山道の最初の一里塚で18世紀中ごろまで榎が植えられていたそうですが、今では昔の面影をとどめるものはありません。唯一、高崎屋さんの創業の歴史だけが当時の様子を知っているといったところでしょうか。


文京区の情報をもっと!文京区の賃貸東大周辺のお部屋探し
| 文京区 | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/8 | >>
お部屋探しはコチラ
東京のお部屋探しはコチラから
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
LINKS
特選ピックアップエリア

■谷根千の賃貸
■文京区の賃貸

山手線の特選賃貸エリア

■高田馬場
■目白
■池袋
■大塚
■巣鴨
■駒込
■田端
■西日暮里
■日暮里

中央・総武線の特選賃貸エリア

■中野
■高円寺
■阿佐ヶ谷
■荻窪
■錦糸町

埼京線の特選賃貸エリア

■板橋
■十条
■赤羽

東西線の特選賃貸エリア

■早稲田
■神楽坂
■門前仲町

有楽町線の特選賃貸エリア

■月島
■護国寺
■要町

丸の内線の特選賃貸エリア

■茗荷谷
■後楽園
■本郷三丁目

日比谷線の特選賃貸エリア

■入谷
■三ノ輪

銀座線の特選賃貸エリア

■浅草

千代田線の特選賃貸エリア

■北千住
■町屋
■千駄木
■根津

三田線の特選賃貸エリア

■春日
■白山
■千石

南北線の特選賃貸エリア

■本駒込

西武池袋線の特選賃貸エリア

■椎名町
■江古田
■練馬
■石神井公園

東武東上線の特選賃貸エリア

■大山
■ときわ台
■成増

NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
PROFILE
SEARCH

▲ PAGE TOP